ネット集客実践クラブのブログ

ネット集客の考え方や、コツを発信します。SNSの活用事例や、集客の考え方、SEO、LPOなどお客さんから売上までの経路をネットを活用して効率よく集客できるお手伝い。

検索キーワードの変遷を見つけて、戦場を前に移すことを考えたいですね。

今日、ちょっと知り合いのフェイスブックページを見てて、
 毎日、凄い勢いで投稿してはるなぁ〜・・・
と思いました。
でも、よく見るとワードププレスのブログ記事の投稿ばかりで、さらに、よくよく見ると
 初回の投稿が過去の日付!?
なーんだ、自動投稿かー・・・と種明かしを見ればすっきり!なのですが、ふと、
 あれ?過去の記事をFBへの自動投稿ってどうやってるんだろ?
と思って、どういう方法があるのか調べてみました。
グーグルで検索したのですが、最初検索したキーワードは、
 「ワードプレス フェイスブック 自動投稿」
でした。
いろいろ検索結果は出てきましたが、それらの内容は
 ワードプレスに投稿されたときに、「同時に」フェイスブックページにも投稿する
という方法の説明ばかりでした。
これは目的と違います。
なので、再検索しました。
次に検索したキーワードは、
 「ワードプレス フェイスブックに何度も」
です。
これまた、色々と検索結果が出てきましたが、ワードプレスからフェイスブックへの自動投稿の手順であったり、何度も投稿するのは嫌われる、などなどでした。
また検索のやり直しです。
さらに再検索したキーワードは、
 「ワードプレスの記事を何度もTwitter」
です。
「フェイスブック」を入れると自動連携させる方法ばっかり出てくるので、Twitterに変更してみました。
これでようやく
http://infa-school.com/twitter/past-posts-tweet.html
の記事にたどり着きました。
あー、こういうプラグインがあるんだなぁ・・・と判ったので、
 「過去記事自動投稿 フェイスブック」
で再検索すると、
 「Revive Old Post」
が出てきて、さっきのURLでも紹介されていたプラグインでOKっぽいということにたどり着きました。
こんな感じで、検索者って色々な段階を経て
 「Revive Old Post」
の検索にたどり着くわけです。
「Revive Old Post」というのは、例えると
 「店名」「サービス名」「商品名」
になります。
店名だと競合は少ないですが、「商品の型番」とかだと、ネットでは、それこそ全国の取扱い店舗全部がライバルになるわけで大変です。
ところが、検索の意図を汲みとって、前段階、前段階へと戦場を移すことができれば、例えば
 「ワードプレス フェイスブックに何度も」
だと簡単に上位表示できて、かつ、ライバルに知られることがないポジションを得ることができます。
今回の内容と同じように
 「サービス名を検索するのは、どうしてか?」
 「その商品を探すのは、何が目的か?」
を考えて頂くと不毛な競争から脱出して、お客さんを
 青田買いできる
ということになります。
 「戦場を前へ」
 「一歩でもお客さん悩みや要望の前段階へ進むこと」
考えてみてください。