ネット集客実践クラブのブログ

ネット集客の考え方や、コツを発信します。SNSの活用事例や、集客の考え方、SEO、LPOなどお客さんから売上までの経路をネットを活用して効率よく集客できるお手伝い。

「新しいお客様」のためのショップ作りを

こんな記事がありました。
https://netshop.impress.co.jp/node/4902
文中で、
 「「新しいお客様」のためのショップ作りを」
という下りがありましたが、そうだなーと共感しました。
ネットショップだけじゃなくて、こういったSNSの投稿でもそうで、常に
 自店・自社を知らない人にも届いている可能性
も考慮しておかないといけないですね。
というか、最近いろんなフェイスブックページに「いいね!」させて頂いて、情報を受け取ってますが、
 あれ?このお店、どこにあるお店だったかな?
という投稿よく目にします。
シェアとか拡散された場合に、一々どこのお店か知らさせる手間があると、一定の脱落者が出ます。
毎回だと面倒でしょうけど、たまには住所やホームページのURL入れたりするといいんじゃないでしょうか?
また、フェイスブック投稿だと投稿後も「編集」ができますので、
 拡散されだした投稿に住所が載ってない場合は、あとで追記する
という心配りもやってみる、というのはどうでしょうかね?
もちろんお金かけて投稿を宣伝する場合は、必須ですね。