ネット集客実践クラブのブログ

ネット集客の考え方や、コツを発信します。SNSの活用事例や、集客の考え方、SEO、LPOなどお客さんから売上までの経路をネットを活用して効率よく集客できるお手伝い。

価格競争になるのは、価格しか情報提供してないからです。

ちょっと残念な投稿を目にしたので・・・。
今年(2017年)の9月・10月に南河内の各商工会さんでやらせて頂いた
 ITスキルアップセミナー
では、お客さんから見た価格の決まり方についてお話させて頂きました。
価格競争になるのは、
 お客さんに「価格でしか判断できない」ような情報提供しかしていないから
です。
10%OFF、3割引き、50%オフクーポン、とか、それはそれでいいです。
ですが、それしか情報がなければお客さんはライバル店と、
    ^^^^^^^^
 価格で比較して判断する
しかありません。
「価格」以外の部分、例えば
 ・食材の良さ
 ・お店の雰囲気
 ・特別扱い(VIP席の利用、景色の良い席に案内)
 ・お客さんがお金を使おうと思ってる上手なタイミングでの提案
などでなるべく価格以外でライバル店と勝負して
 自店を選んで頂く判断軸を「価格」からズラす
ということを考えないと、いつまでたっても消耗戦です。
 「景気が悪い」
 「行政が悪い」
 「お客の財布のひもが堅い」
 「ライバルが一杯」
 「コスト削減を企業努力だけでなんて限界」
と嘆く前に、
 本当に自店は、価格以外の価値に関する情報を提供できているだろうか?
 自店の情報は、ライバル店より多くお客さんに届いているだろうか?
というのを見直して頂きたいと思います。
価格以外のお店独自の良さを、一瞬で知って貰うのは難しいので、
 ・ホームページ
 ・ブログ
 ・SNS
などを活用して普段から
 うちは他と違う
という情報発信することで価格競争の戦場から離脱して、ぜひブルーオーシャンの地に到達することを目指して頂きたいと思います。