ネット集客実践クラブのブログ

ネット集客の考え方や、コツを発信します。SNSの活用事例や、集客の考え方、SEO、LPOなどお客さんから売上までの経路をネットを活用して効率よく集客できるお手伝い。

恋人か?!というようなネットショップさんの顧客維持対策

当家では、下の娘が今年、小学校に入りました。
当方らの親から多額の入学祝い(ランドセル4万+入学式の服、現金)を頂いたので内祝をしました。
嫁さんの親は肉がすきなので、超高級のすきやき肉と、焼き肉用の肉を贈りました。
まぁ、喜んで頂いたので良かったです。
で、びっくりしたのがそこのお店から
 「お買い物半年記念で粗品贈呈いたします。」
とメールが来て、実際に粗品が送られてきたことです。
まぁ粗品はボールペンですが、びっくりですよね(笑)
 半年記念て、アツアツの恋人か!
と思わずツっコミました(笑)
さらに、誕生日にも
 「お誕生日おめでとうございます!」
と同じく粗品が送られてきました。
長らくネット通販利用してますが、ここまでしてる所は中々居ないですねー。
すごいなと思いました。
ある意味、お客さんは恋人なんでそこまでやって当然なのかもしれませんけどね。
お金を払う、というのは我々のお店やサービス、店員などが好きじゃないと難しいです。
嫌われることを怖がってる方も多いですが、基本的には相手はこちらのことを好きだからお金払ってくれるわけで、こちらもそれに応えないといかんかなと思いました。
まぁ、ここまでできるのは、
 粗利がでかい商品だからできる
ということもあるでしょうけれど、贈られてきたこちらとしては
 何か機会があったらまた利用させてもらわないとな
という気持ちになります。
今のところ気持ちだけ、ですが(笑)、
 ・何かタイミング良いときに情報が届いたり
 ・同じような用途が発生した
というようなときには、
 いくつかの検討候補に、とりあえず入る
と思います。
お客さんの頭の中にないお店や商品、サービスは
 検索もされない、検討もされない
ですので、なんとか
 お客さんの頭の中に留まり続けなければいけない
というのが商売の基本かと思います。
なんとかお客さんに極力嫌われないタイミングで接触を図っていく仕組み作りをしているこのお店は、繁昌してるんだろなーと思いました。
ネット集客とか言ってますが、ネットは道具でしかなくて「どう使うか?」がまず無いと、いくらいろいろ勉強してもうまく行かないと思います。
うちもまだ「未認知からファン化までの道のり」を上手く構築できてませんが、色々な方々からのヒントを頂いてますので、しっかりとした仕組み作りをやっていきたいと思いました。