ネット集客実践クラブのブログ

ネット集客の考え方や、コツを発信します。SNSの活用事例や、集客の考え方、SEO、LPOなどお客さんから売上までの経路をネットを活用して効率よく集客できるお手伝い。

セグメンテーションの話は難しい

セグメンテーション(何に特化するか?)のお話は難しいなと思います。
人数少ない会社やお店の場合は、あれもこれもやると、全部中途半端になるので
 絞るのは絶対必要
ですが、どこを選べばよいのか?というのを決めるのは難しいと思います。
(うちも模索中です。)
なので、見つける方法としては、
 ・ファン起点
  (今、売れてるものが現在のセグメント化された
   最適商品であるとして、そこから考える)
もしくは、
 ・商品起点(今後、どういう売り方ができるか考えてみる)
という2つの方向から考えるというのも一手です。
我々がやってるのは商売なんで、粗利がないと生き延びていけませんし、粗利が発生するのは売れた時だけなので、なるべく早く売りに繋がらないといけません。
そうなると、
 ・売れてる物をより多く売るには?(ファン起点)
 ・売れる可能性のあるパターンで一番早く売れやすそうなのは、どれか?(マインドマップ)
で考えた方が早いかなーと。
ファン起点を伸ばしづらい場合は、マインドマップで売れる道筋洗い出して、そのどれかに注力する、というのがいいんじゃないでしょうかねー?
顧客数がじり貧になると、新規顧客獲得に目が行きがちですが、既存客にリピートしてもらう方が断然楽なので、
 ・ファン向けに他の人が買った商品を提案してみる
 ・休眠客の掘り起こし
というような施策も大事かなーと。
まぁ、セグメント化を図るにしても、新規・既存というのは絶対存在するので、どっちにしろ両面作戦にはならざるを得ないと思います。